本文へ移動

技術情報

設計

受注から製品出荷まで

STEP1 見積もり~構想設計
お見積もりをいただいた後、概要設計をおこないます。
受注が確定致しましたら、お客様と弊社営業員・技術員で打ち合わせをさせていただき、詳細設計(構想設計)を行います。併せて、お客様からご提供いただく3Dデータをもとに流動解析を行うことも可能です。
 
STEP2 金型設計/金型製作
構想設計をもとに金型設計~金型製作を行います。
弊社グループの専門拠点(国内・海外)をフルに活用し、納期・コスト・品質、全てにおいて最良の金型を提供致します。
 
STEP3 試作~量産
安定量産に向けて最適な成形条件を見極め、トライアルを行い認定サンプル並びに測定データを提出致します。
お客様から製品認定をいただいたのちに、注文時に取り決めさせていただいた生産拠点において量産~出荷を致します。
 

構想設計

●製品を最適な状態で作るための金型・成形に関する基本構想
お客様からの正式発注を受けてから最終製品の認定をいただくまでの日程をスケジューリングします。
次に、製品を最適な状態で作るための金型の構造に関する基本構想を練り、ゲート方式、製品取り出し方式、キャビティ・ランナー配置などを盛り込んだ仕様書を作成して次工程である金型設計部門へ指示します。

金型の構想設計での特殊構造一例

コラプシブルコア

コラプシブルコアとは内径のアンダーカット(ネジ、カム、遮光線など)形状を抜くための内径縮みコアです。主にカメラ鏡筒部品に用いられ、金属切削品の樹脂化コストダウンに大きな貢献をしてきました。

光学部品測定機器

オートコリメーター

OPTO DEVICE CORP製:DC-60PC

真円度測定機

ミツトヨ製:RA-1600

三次元測定機

ミツトヨ製:Crysta-Apec C 776

画像測定検査

KEYENCE製:3D画像測定器

ギヤ評価機器

歯車試験機(JIS測定)

大阪精密製:GC-1HP

噛み合い試験機(JGMA測定)

大阪精密製:GTR-4

磁力測定機器

フラックスメーター

測定内容:磁束[mWb(ミリウェーバー)

アナライザー

測定内容:
・磁束密度[T(テスラ)=Wb(ウェーバー)/m2]
・磁極角度

成形システム

成形品の品質は成形工程の安定にかかっています。 キャムは成形条件や周辺設備の異常などを監視し、設定値内のOK品だけを48時間分ストックできるシステムを開発しました。 このシステム(キャムストッカー)はキャムでの無人連続操業とPPM品質保証の土台となっています。
TOPへ戻る